静岡大学総合防災センター
地域の「防災ホームドクター」
 
Since Mar.8,2008
設立目的・組織 設備とアクセス 防災教育 防災研究 地域連携ボランティア支援 防災関連アーカイブ ブログ リンク
防災教育コンテンツ
関連出版物
年報・その他報告書等
プロジェクト
  • 防災学創出(防災の体系化)に関する調査研究業務(平成23〜25年度)
     本事業では、数年にわたって静岡県が中心となって取り組む「防災学の創出」事業にともなって静岡県から共同研究を受託したものです。 この業務では、(1) 「防災学」を考える上で、「防災」「災害」とは何かについて概念を整理、(2)静岡県が30数年にわたって実施してきた諸政策を貴重なデータとして整理・検 証、(3)これらの調査結果を踏まえた県民向け防災教育カリキュラムの構築を行いました。
  • 平成25年度防災学創出事業県民向け防災教育カリキュラム構築報告書 New!
    平成24度防災学創出事業防災の体系化に関する調査報告書(pdf)
    平成23年度防災学に関する調査研究報告書(pdf)
  • ICTを活用した災害時等広域連携化(人材育成)業務(平成23年度)
    本業務は、総務省「平成23年度地域ICT利活用広域連携事業」において、静岡県の「情報通信技術を活用した災害時広域連携強化事業」が選定されたことにともない静岡県から共同を研究を受託しました。 特に当該年度は、防災情報システムの評価・検証と人材の育成を行い、意見集約方法の確立を目指しました。
  • 報告書(pdf)-7.6MB
    意見集約に利用した記録用ワークシート(xls)
  • 情報通信技術を活用した防災システム検証等調査研究業務(平成22年度)
     本業務は、総務省「平成22年度地域ICT利活用広域連携事業」において、静岡県の「情報通信技術を活用した災害時広域連携強化事業」が選定されたことにともない静岡県から共同を研究を受託しました。 大規模災害時において、迅速に情報を集約・共有し、的確な災害対応を行うための新たな防災情報システムを構築するにあたり、システムの評価・検証を行い、ICT人材の育成・活用を行いました。
  • 報告書(pdf)-26.3MB
  • 文部科学省・防災教育支援事業(平成21〜22年度)
     防災教育支援事業は、防災教育の積極的かつ継続的な取組を進めていくために、先進的な取組が行われている地域における担い手の能力を高め、事業期間のみならずその終了後もつなぎ手として他の地域への取組の展開を図るとともに、取組が少ない地域に対しては新たな取組を掘り起こす事を目的として、平成20年度〜22年度にかけて、合計13機関が採択されました。
     静岡大学は、平成21年度〜22年度に  「静岡県における地震・津波複合災害に関する防災教育支援の高度化と普及プログラム」を静岡県危機管理部、静岡県教育委員会、しずおか防災コンソーシアムの協力で事業を進めました。
     詳しくはこちらをご覧ください。
内部資料
▲このページのトップへ