静岡大学総合防災センター
地域の「防災ホームドクター」
 
Since Mar.8,2008
設立目的・組織 設備とアクセス 防災教育 防災研究 地域連携ボランティア支援 防災関連アーカイブ ブログ リンク
しずおか防災コンソーシアムとの連携
  • しずおか防災コンソーシアムの概要・目的
    平成20年に、静岡県内における防災教育・研究の振興、防災対策の発展に係る相互の協力を強化するため、県内6大学と静岡県知事との間で協定を締結されました。 これが契機となり、6大学に県内防災機関が加わって 県内の防災に携わる研究者や専門家等の多面的な交流・情報発信をはかることを目的に平成21年に4月21日に「しずおか防災コンソーシアム」は設立されました。
  • 防災教育及び防災研究の振興並びに防災対策の発展に係る協力に関する協定書(pdf)
  • 事業
    ふじのくに防災学講座(「土曜セミナー」より平成23年度から名称変更)
    静岡県地震防災センターにおいてコンソーシアム参画組織が講師を派遣するかたちで定期的に開催している講演会です。 詳しくはこちら(静岡県地震防災センターHP)
    各構成員が連携した共同研究等
    静岡県における防災学構築を探るため静岡県の防災関連事業・人材育成の整理や防災教材の提案に着手。
    各種人材育成事業
    静岡県が実施している、人材育成事業への協力。大規模災害に備えて、地域防災の担い手となる人材を育成し、 地域の関係機関や防災組織との協働を活性化することにより地域防災力の向上を目指す。
    マスコミ防災研究会
    ジャーナリスト、行政、大学をつなぐワークショップとして発足。
    「地震防災センターのあり方」に関する提言
    静岡県地震防災センターのあり方について検討する。
                  
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    しずおか防災コンソ−シアムへのお問い合わせは下記の事務局まで

    静岡県危機管理部危機情報課
    TEL 054-221-3694
    E-mail boujou@pref.shizuoka.lg.jp
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • 発足記念企画【静岡県危機管理局危機報道監(当時)岩田さん訪問取材】
防災文化の発信
  • 静岡大学大学会館エントランス展示
    静岡大学防災総合センターが設置されている大学会館入り口のエントランスでは、防災の学びの場を提供することで本学の学生や教職員の学園生活の充実に資するため、また、来訪者へ防災をとおした本学の取り組みのアピールのため 防災関連書籍、防災教育教材、防災関連行事の広報物、当センターの活動紹介資料などの展示・掲示をしています。
  • 人形劇プロジェクト「稲むらの火」
    「稲むらの火」人形劇で津波の恐ろしさとそれに対する対処を子供たちに伝えていこうとする静岡発の演劇プロジェクトです。この紙芝居版を本学の留学生がインドネシア語とタイ語に翻訳して現地に送りました。
    2005年 5月 静大春のフェスティバルにて「稲むらの火」影絵劇上演
    2010年11月 静大祭にて人形劇「稲むらの火」上演
  • 人形劇団わにこ
    静岡市を中心に手作りのオリジナル人形劇を制作・上演している丹羽ちえこ氏(人形劇プロジェクト「稲むらの火」副代表理事)主宰の人形劇団です。人形劇「稲むらの火」の人形美術・制作・出演も手掛ける氏が、幼児向けの人形劇を中心に防災人形劇に精力的に取り組んでいます。
    2011年11月 静大フェスタにて人形劇「こぶたちゃんと変身オオカミ」上演
    2012年11月 静大フェスタにて人形劇「こぶたちゃんと変身オオカミ」上演
地域との共同作業による防災教育コンテンツづくり
  • 火山観光案内板
  • 火山案内マップ
ボランティアセンターとしての役割
  当センターは、2004年4月に開設した「静岡大学防災・ボランティアセンター」を前身とし、より発展・拡充を遂げた組織として設置されました。
▲このページのトップへ