歴史地震研究会〔研究会〕
PDFファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。Adobe Readerをインストールすることにより、PDFファイルの閲覧・印刷などが可能になります。以下のサイトよりご用意ください。
研究会開催情報
第33回歴史地震研究会(大槌大会)のお知らせ(第1報)
 歴史地震研究会では,2016年9 月 11 日(日)から 13 日(火)の 3 日間にわたって,東日本大震災の被災地である岩手県上閉伊郡大槌町において,第 33回歴史地震研究会(大槌大会)を開催いたします.そのプログラムが決定いたしました.なお被災地であることを考慮し,通常の研究会とは異なる変則的な内容となっております.それに伴い,参加申し込みの方法も例年とは異なっております.奮ってのご参加をお待ち申し上げます.

 第2報(プログラム掲載)は こちら

第33回歴史地震研究会(大槌大会)の参加申し込みについて
 大会申込書はこちら(PDF版WORD版

 歴史地震研究会講演要旨の標準形式は こちら
     (講演要旨投稿締切:7月31日(日))

 ※発表申し込みの受け付けは終了致しました.

ワークショップについて
 本年度は,過去の大会のような公開講演会ではなく,「大槌町津波アーカイブに向けたワークショップ」と題し,研究会参加者と住民が同じテーブルについて話し合うワークショップを開催します.あわせて,地域の伝統芸能である虎舞を鑑賞も行います.奮ってご参加ください.詳細は以下のポスターをご参照ください.
 「大槌町津波アーカイブに向けたワークショップ
過去の研究会
開催地・プログラムなど