歴史地震研究会〔「月刊地球」2005年11月号 目次〕
海洋出版発行「月刊地球」2005年11月号 目次
(特集号「地震史料の校訂とデータベース化―日本の古代・中世を中心に」)
日本の古代・中世の地震史料の校訂とデータベース化
石橋克彦
地震史料データベース化における史料学的課題―中世の年代記を中心に―
田良島哲
既刊地震史料集の校訂の諸問題
矢田俊文
『武者史料』における中世史料の問題点
榎原雅治
中世地震史料の問題点
笹本正治
『武者史料』の朝鮮半島地震史料の性格とその問題点
藤田明良
史料に書かれた日付の西暦換算と表記法
早川由紀夫・小山真人・前嶋美紀
地震史料のXMLデータ作成
原正一郎
日本史学者の見た元暦二年七月京都地震について
高橋昌明
京都での有感,および被害地震データベースの作成とその有用性
都司嘉宣・上田和枝・伊藤純一
イタリアの歴史地震研究の紹介(1)
  ―イタリアとヨーロッパ・地中海地域における歴史地震研究―
石橋克彦
イタリアの歴史地震研究の紹介(2)
  ―イタリアとヨーロッパの震度データ点データベース―
佐竹建治
イタリアの歴史地震研究の紹介(3)
  ―1456年の中・南部イタリアの大地震について―
石橋克彦
このページのトップへ