歴史地震研究会
 歴史地震研究会は,歴史時代に起きた地震(歴史地震)とそれに関連する諸現象の研究情報の交換を目的として,
理学・工学・歴史学・社会学・防災科学などの各方面から研究者,防災行政・事業の実務担当者,郷土史家,報道関係者などが
参加して結成された会です.1984年に東京大学地震研究所(当時)の宇佐美龍夫氏の呼びかけで第1回の研究発表会を開催しました.
設立以来,東京大学地震研究所に事務局をおいています.
 歴史地震研究会の主な活動としては,毎年秋に全国各地で研究発表会を開催するとともに歴史地震・津波の痕跡を訪ねる
見学会をおこなっていること,各年度の研究成果をまとめた会誌「歴史地震」を発行していることが挙げられます.