[古代・中世] 地震・噴火史料データベース (β版)
[古代・中世] 地震・噴火史料データベース (β版)   Since Jun.15,2009
   
 
ご注意:このデータベースはβ版であり、まだ修正作業中で、不定期に
更新されます。論文等でご利用くださる場合は、本文中や
文献欄などに右記の最終更新日を明記されることをお薦めします。
最終更新日
著 者古代中世地震史料研究会
公 開静岡大学防災総合センター
このデータベースは、日本の古代・中世の地震と噴火および関連事象に関する
既刊の文献史料(文書・記録・典籍に記された記事)のすべてについて、
史料学的・理学的検討を加えて、検索の便に供するものです。
※収録期間は、便宜上、近世初期の1607年2月(慶長十二年一月)までとしています。
※このデータベースの表示は、すべて横書きです。
このデータベースは、文部科学省科学研究費補助金による以下の研究課題の成果に修正を加えたものです。
現在は、下記の「古代中世地震史料研究会」が内容改善を含めた維持管理をしています。
古代中世地震史料研究会
代表石橋 克彦地震学・史料地震学
 小山 真人火山学・史料地震火山学
 佐竹 健治地震学・古地震学
 都司 嘉宣海洋物理学・史料地震学
 早川 由紀夫火山学・史料火山学
 榎原 雅治日本中世史
 笹本 正治日本中・近世史
 高橋 昌明日本古代・中世史
 田良島 哲日本中世史・史料学
 藤田 明良日本中世史・東アジア交流史
 矢田 俊文日本中世史
 原 正一郎情報工学 ・地域情報学
 前嶋 美紀システムエンジニア
 静岡大学防災総合センターは、防災教育・研究の最新の成果を集約するとともに、それらを地域に向けて多様な形で発信することを目指しており、Web上に防災関連資料のアーカイブを構築しつつあります。
 本データベースは、当初の神戸大学でのWeb公開が困難となったため、静岡大学防災総合センターのアーカイブに加えました。
※ご質問・ご意見はこちらへ →
※動作環境について
Internet Explorer(Ver.6以降)、Safari(Ver.3以降)、FireFox(Ver.3以降)、Opera(Ver.9以降)で動作確認を行っていますが、史料本文表示のXMLでの表示は、IEでのみ可能です。
 
©古代中世地震史料研究会   Ver. Powered by 株式会社 まえちゃんねっと