火山爆発のダイナミックス〔計画研究A05班〕:研究業績リスト
トップページ研究目標・計画研究組織研究集会研究成果講演会・報道発表メンバーエリア(非公開)
活動経緯研究成果の概要年度報告書研究業績リスト
 研究業績リスト 
2003年
- 著書 -
活火山富士―大自然の恵みと災害.読売新聞社特別取材班・小山真人・鵜川元雄・田鍋敏也,中公新書ラクレ,220p,2003
富士山ふん火のひみつ.小山真人.文渓堂,24p,2003.
- 論文 -
〔査読あり〕
岡田弘、2003。一研究者の立場からみた噴火予知研究と社会との関係.火山、48、137-140.
Jousset, P., Mori, H., and Okada, H., 2003.Elastic models for the magma intrusion associated with the 2000 eruption of Usu volcano, Hokkaido, Japan. J. Volcanol. Geotherm. Res., 125, 81-106,
宇井忠英(2003)ハザードマップの整備と活用―有珠山2000年噴火から得た教訓―.火山, 48, 177-181.
E. Yamamura; Analysis on Wastepaper Recycling System of Developing Countries Arising from Model Reference Adaptive Theory, Proceedings of the 11th Symposium of Global Environment, 11; 17-22(2003)”
E. Yamamura; Promotion of GIS to Local Region, Korean-Japan Joint Symposium of The Korea Association of geographic Information Studies; 1-13(2003)”
B. Gultekin and E. Yamamura; Network Analysis Application of Estimating Housing Prices in Sapporo City, Papers and Proceedings of the Geographic Information Systems Association, 12; 339-342(2003)”
E. Yamamura, Model Reference Adaptive Politics, International Journal of Environmental Creation, 4(1); 13-25(2003)”
E. Yamamura; Model Reference Adaptive Disaster Theory, International Journal of Environmental Creation, 4(1); 37-50(2003)”
Anma-Miyasaka, M. and Nakagawa, M. (2003) Evolution of deeper basaltic and shallower andesitic magmas during the 1469-1983 A.D. of Miyake-jima Volcano, Izu-Mariana arc: Inferences from temporal variations of mineral compositions of crystal-clots. Jour. Petrol., 44, 2113-2138.
Nakagawa M., Furukawa R., Yoshimoto M. (2003) Calderas and active volcanoes in southwestern Hokkaido. IUGG 2003 Field Trip Guidebook A01, The Volcanological Society of Japan, p35.
Philippe Jousset, Hitoshi Mori and Hiromu Okada(2003),Elastic models for the magma intrusion associated with the 2000 eruption of Usu Volcano, Hokkaido, Japan.J. Volcanol. Geotherm. Res., 125, 81-106.
鬼澤真也・大島弘光・青山裕・森済・前川徳光・鈴木敦生・岡田弘・他:有珠火山における人工地震探査―観測および初動の読み取り―.地震研究所彙報,78,121-143,2003.
大場司・林 信太郎・梅田浩司(2003)岩手県松川地熱地域北方に分布する火山岩のK-Ar年代、火山、48、367-374.
吉本充宏・古川竜太・七山 太・西村裕一・仁科健二・内田康人・宝田晋治・高橋 良・木下博久,2003,海域に流入した北海道駒ヶ岳火山1640年岩屑なだれ堆積物の分布と体積推定.地質雑,109, 595-606.
小山田恵・木下紀正,・寺田暁彦・飯野直子・金柿主税,(2003);三宅島島内の火山ガス高濃度事象と八丈島高層風の特徴.天気 50, pp. 553- 559.
A.C. Tupper and KINOSHITA Kisei(2003);Satellite, Air and Ground Observations of Volcanic Clouds over Islands of the Southwest Pacific. South Pacific Study, 23, pp.21-46.
〔査読なし〕
Takarada, S. and Okada, H.、2003: The Usu 2000 Eruption. IUGG 2003 Field Trip Guidebook B1&B2.The Volcanological Society of Japan, 227-253
岡田弘、2003。2000年有珠山噴火と減災への指針.広報ぼうさい、No.14、8.
岡田弘、2003。有珠山防災情報の核心・・コミュニケーションによるコミュニティ支援.火山防災情報ワークショップin桜島報告書、京都大学防災研究所、50p、13-17.
岡田弘、2003。自然災害の軽減を求めて・・・有珠山噴火からのメッセージ.「21世紀の安全を考える」(北海道大学図書刊行会、栃内香次・木村純編、218p)、81-144.
岡田弘、2003。大自然とどう付き合えばよいのか・・2000年有珠山からのメッセージ.上小教育(小県上田教育会誌)、46、9-55.
岡田弘、2003:火山と共に生きる有珠山「子供サミット」--自然の変貌や豊かさを体で学ぶ.かざぐるま通信(光村図書出版)、9、2-3, 2003
岡田弘2003:カルデラ生成をもたらす巨大火砕流の想定と科学者たち.月刊地球、25、881-883,
岡田弘、2003。火山噴火と安全なまちづくり・・・有珠山噴火から学ぶ.北のまちづくり、北海道都
市計画協会、2003.3、25-42.
岡田弘・三船環、2003。夏休みはパパと一緒に火山学習.じゃらん(リクルート社)、118、126-131.
Margolin, J., Okada J., Bornas, A., and Okada, H.,2004; Minor resumed activity at KA crater, Mt. Usu and suspected mechanism by the 2003 Tokachi-oki earthquake. In “Dynamics of Volcanic Explosion vol. 2, ed. Ida, Y.), 4p,
宇井忠英・岡田弘・猪俣亜樹・泉健之・三松三朗、2003。2000年有珠山噴火を振り返って.「2000年有珠山噴火災害・復興記録」(北海道庁、292p)、239-243.
山中漠、岡田弘、伊藤和明、2003。有珠山噴火から復興まで・・ハザードマップなどが生かされた前回の教訓.2002火山砂防フォーラム記録集、61p、7-19.
岡田弘(アドバイザー)、2003。「火の山の響き」(有珠火山防災教育副読本)、有珠火山防災教育副読本作成検討会(座長宇井忠英)、北海道地域総合振興協会、84p.
宇井忠英(2003)北海道の活火山と火山防災.火力原子力発電, 54, 110-127.
宇井忠英(2003)南九州の大規模火砕流の多様性.月刊地球, 25, 827-830.
小山真人・坂本珠紀(2003):火山としての富士山に対する行政と住民の意識(2002〜03年調査結果).地質ニュース,no.591,19-23.
小山真人(2003):現代社会は破局災害とどう向き合えばよいのか.月刊地球,25,821-824.
低頻度大規模災害リスクをどう伝えるか 吉川肇子 月刊地球25,11,870− 872
宮本 毅・中川光弘・長瀬敏郎・菅野均志・大場 司・北村 繁・谷口宏充(2003)白頭山(長白山)の爆発的噴火史の再検討.東北アジア研究, 7, 93-110.
Nakagawa, M., Ishizuka, Y., Amma-Miyasaka, M. (2003) The possibility of long-term volcanic eruption prediction. Proceedings of the 4th International Workshop on Global Change, 48-52.
森 済・鈴木敦生(2004),2000年有珠山活動終息後の西麓活動域における地殻変動.北海道大学地球物理学研究報告,67,149-155.
林 信太郎(2003)学校教育における破局噴火教育の可能性. 月刊地球 25, 877-880.
林 信太郎・栗山知士(2003)破局噴火とその教材について. 秋田地学、54、8-13.
古川竜太・吉本充宏(2003)GH02調査航海で得られた十勝沖海底に分布する火山灰.千島弧―東北日本弧会合部の海洋地質学的研究,平成14年度研究概要報告書―十勝地域―,産総研地質調査総合センター,102-107,
山口祐志・宇平幸一・高木朗充・吉本充宏・原田勝成(2003)パプアニューギニアにおける火山噴火災害に対する国際緊急援助隊専門家チーム(噴火予知等)報告書.91p,国際協力事業団
宝田晋治・星住英夫・風早康平・川邊禎久・宮城磯治・斎藤英二・西村裕一・ 廣瀬 亘・吉本充宏・三浦大助(2003)有珠火山2000年噴火ビデオ映像.地質調査総合センター研究資料集.DVD, VHS (17分)
Nakagawa, M., Furukawa, R. and Yoshimoto, M (2003) Calderas and active volcanoes in Southwestern Hokkaido, IUGG 2003 Field Trip Guidebook, 1-36,
上杉 陽・千葉達朗・海野 進・染野 誠・吉本充宏(2003)富士山.日本地質学会第110年学術大会見学案内書,123-141
中橋 徹也(2003)ゲーミングシミュレーションを用いた災害時の行政対応分析 第28回土木学会計画学研究発表会講演集
木下紀正、ビデオカメラによる近赤外画像の利用研究、共著者 金柿主税・川野和昭、鹿児島大学教育学部研究紀要(自然科学編)、第55巻、11-24、2004.
- 学会報告 -
Okada, H.;2003;Four recent dome-building eruptions at Mt. Usu and progress of mitigating volcanic hazards in 20th century. International Union of Geodesy and Geophysics, Sapporo/Japan, June 30-July 11, . (Abstract A159)
Jousset, P., Okada, H., Mori, H., and Diament, M.、2003;Insight in volcanic processes in subduction related volcanoes revealed by the coupled inversion of deformation and microgravity data. International Union of Geodesy and Geophysics, Sapporo/Japan, June 30-July 11, (Abstract A549)
Okada, H., Mori, H., Oshima, H., Otsuka, M., Takanuki, J., Fujiwara, T., and Yamamoto, T.、2003:
Airborne laser mapping applied for volcano hazard evaluation; case study of 2000 eruption of Mt. Usu. International Symposium on Cities on Volcanoes 3, Hilo, USA, July 14-18, (Abstract p.94)
Okada, H. Ui, T., Oshima, H., Katsui, Y., and Mimatsu, S,2003;Toward safer land use at Mt. Usu, Japan. International Symposium on Cities on Volcanoes 3, Hilo, USA, July 14-18, (Abstract p.94)
寺田暁彦・岡田弘・板橋伸明・加藤幸司・小山寛、2003.:ヘリコプターを用いた火山近傍上空の
温度・湿度測定・・・噴煙解析への応用.火山学会秋季大会(福岡)、要旨集A01
岡田弘,2003.:減災基盤資料の総合的収集および解析に向けて・・・2000年有珠山噴火を中心と
して.火山学会秋季大会(福岡)、要旨集B43、
宇井忠英・岡田弘・吉田貴之・有珠山火山防災会議協議会, 2003:火山防災ビデオ:有珠山とと
もに.火山学会秋季大会(福岡)、要旨集B44、.
岡田弘・三松三朗, 2003.:1910年有珠山噴火の時系列情報とその解析結果.日本災害情報学会第
5回研究発表(札幌)、予稿集、123-128、10.18-19.
鬼澤真也・大島弘光・青山裕・森済・前川徳光・鈴木敦生・志賀透・筒井智樹・田中聡・
森健彦・及川純・松島健・松尾のり道・宮町宏樹・山本圭吾・岡田弘, 2003;駒ケ岳火山における人工地震探査・・3次元P波構造. 2003年度地球惑星合同大会(幕張/千葉)、V055-010、2003
森済・岡田弘;有珠火山1977-1982年活動及び2000年活動に伴う地殻変動災害.2003年
度地球惑星合同大会(幕張/千葉)、V080-P002
岡田弘;火山災害時系列ファイルの作成と活用に向けて・・・有珠山噴火を題材として.
特定領域「火山爆発のダイナミックス」A05班噴火の長期予測と災害軽減に関する基礎科学2003年度研究会(虻田町洞爺湖温泉旭ホテル、2003.10.21).
宇井忠英・他(2003)活火山の再定義とランク分け. 地球惑星科学関連学会合同大会2003年予稿集, V055-P031.
Ui, T. et al. (2003) Revised definition and ranking of active volcanoes in Japan. IUGG2003 Abstracts A563.
Ui, T. et al. (2003) Readers for volcanic risk mitigation at elementary and junior high
school around Usu volcano, Japan. Cities on Volcanoes 3 Hilo Hawaii Abstract volume 136.
Ui, T. et al. (2003) Revised hazard map and guidebook published after the 2000 eruption of Usu volcano, Japan. Cities on Volcanoes 3 Hilo Hawaii Abstract volume 137.
宇井忠英・岡田 弘・吉田貴之(2003)火山防災ビデオ:有珠山とともに日本火山学会2003年度秋季大会講演予稿集, 94.
宇井忠英・他(2003)有珠火山防災教育副読本. 日本災害情報学会第5回研究発表大会 予稿集, 129-132. 
小山真人・坂本珠紀:富士山ハザードマップに対する地元自治体防災担当者の意識.日本災害情報学会第5回研究発表大会,札幌,2003年10月.
小山真人:日本災害情報学会主催パネルディスカッション「ハザードマップ」パネリスト.日本災害情報学会第5回研究発表大会,札幌,2003年10月.
Masato KOYAMA, Naomichi MIYAJI, Akihito NISHIYAMA, Hitomi SUMIYA, Kimio INOUE, Katsuo SASAHARA, Nobuo ANYOJI: RECONSTRUCTION OF THE 1707 HOEI ERUPTION OF FUJI VOLCANO, JAPAN, BASED ON HISTORICAL DOCUMENTS AND ERUPTIVE DEPOSITS. the 2003 Meeting of the International Union of Geodesy and Geophysics (Session V13: Assessing Volcanic Risk), Sapporo, July 2003.
Naomichi MIYAJI, Masato KOYAMA, Shigeo ARAMAKI, Tatsuro CHIBA, Takashi YOKOTA, Nobuo ANYOJI, Akihiko NUNOMURA, Yuji MORIYAMA: ASSESMENT OF LOCALITY, MAGNITUDE, AND MODE OF VOLCANIC HAZARD IN FUTURE TO MAKE HAZARD MAPS OF FUJI VOLCANO, JAPAN. the 2003 Meeting of the International Union of Geodesy and Geophysics (Session V13: Assessing Volcanic Risk), Sapporo, July 2003.
Kimio INOUE, Hitomi SUMIYA, Masato KOYAMA, Yoko TOMITA, Nobuo ANYOJI: DISTRIBUTION AND CHARACTERISTICS OF SEDIMENT DISASTERS AFTER THE 1707 HOEI ERUPTION OF MOUNT FUJI, JAPAN, BASED ON HISRICAL DOCUMENTS. the 2003 Meeting of the International Union of Geodesy and Geophysics (Session V13: Assessing Volcanic Risk), Sapporo, July 2003.
Yusuke SUZUKI, Ken-ichi ARAI, Masayuki MATSUDA, Tatsuro CHIBA, Masato KOYAMA, Naomichi MIYAJI, Mitsuhiro YOSHIMOTO, Yoko TOMITA, Shiro KOIZUMI, Koushin NAKASHIMA: REEVALUATION OF MAGMA DISCHARGE VOLUME OF THE 864-866 JOGAN ERUPTION OF FUJI VOLCANO, JAPAN, BASED ON RESULTS OF LAKE SENOUMI DRILLING PROJECT. the 2003 Meeting of the International Union of Geodesy and Geophysics (Session V13: Assessing Volcanic Risk), Sapporo, July 2003.
Tatsuro CHIBA, Yusuke SUZUKI, Noritsuna FUJII, Masato KOYAMA, Naomichi MIYAJI, Yoko TOMITA, Shiro KOIZUMI, Koushin NAKASHIMA: DETAILED TOPOGRAPHY AND FLOW STRUCTURE OF THE AOKIGAHARA LAVAS OF FUJI VOLCANO, JAPAN, BASED ON HIGH-RESOLUTION DEM AND RRIM VISUALIZATION METHOD. the 2003 Meeting of the International Union of Geodesy and Geophysics (Session V13: Assessing Volcanic Risk), Sapporo, July 2003.
Yasuhisa TAJIMA, Shigeo ARAMAKI, Naoko TAKI, Mituhiro YOSIMOTO, Naomichi MIYAJI, Masato KOYAMA, Nobuo ANYOJI, Yoko TOMITA: THE PYROCLASTIC FLOWS OCCURRED MELTING MAGMA MASS COLLAPSE, 1500 YEARS AGO IN THE YOUNGER FUJI VOLCANO, JAPAN. the 2003 Meeting of the International Union of Geodesy and Geophysics (Session V05b: Volcanic Flows: Observation, Experiment, and Theory), Sapporo, July 2003.
鈴木雄介・千葉達朗・荒井健一・藤井紀綱・清宮大輔・小山真人・宮地直道・吉本充宏・冨田陽子・小泉市朗・中島幸信:航空レーザー計測結果にもとづく富士山貞観噴火の溶岩流出過程.地球惑星関連学会2003年合同大会,千葉,2003年5月.
荒井健一・鈴木雄介・松田昌之・千葉達朗・二木重博・小山真人・宮地直道・吉本充宏・冨田陽子・小泉市朗・中島幸信:古代湖「せのうみ」ボーリング調査による富士山貞観噴火の推移と噴出量の再検討.地球惑星関連学会2003年合同大会,千葉,2003年5月.
冨田陽子・小泉市朗・中島幸信・千葉達朗・松田昌之・藤井紀綱・鈴木雄介・荒井健一・小川紀一朗・小山真人・宮地直道・吉本充宏:富士山青木ヶ原溶岩流についての新知見〜レーザープロファイラーによる詳細地形調査とボーリング調査〜.砂防学会平成15年度研究発表会,山形,2003年5月.
小山真人:富士山のハザードマップはどのようにして作られたか.日本第四紀学会ミニシンポジウム「富士火山の最新の知見と防災への応用」,2004年1月,東京.
小山真人:史料からみた富士山宝永噴火の前兆と推移.日本大学文理学部富士山シンポジウム「富士山はどこまでわかったか―最近の科学的成果と防災―」,2003年10月,東京.
小山真人・西山昭仁・井上公夫・角谷ひとみ・冨田陽子:『伊能景利日記』に記された富士山宝永噴火の推移.第20回歴史地震研究会,2003年9月,千葉県佐倉市・九十九里町.
小山真人:富士山で予想される噴火形態と被害.第33回安全工学シンポジウム(オーガナイズドセッション「富士山の噴火に備える」),2003年7月,東京.
小山真人:火山学者からみた「死都日本」の意義と魅力.火山小説「死都日本」シンポジウム―破局噴火のリスクと日本社会―,2003年5月,東京.
長谷川 健・中川光弘(2003)北海道東部,阿寒カルデラ起源の火砕堆積物の層序.地球惑星科学関連学会2003年合同大会.
中川光弘・平賀直人・古川竜太(2003)樽前火山,歴史時代噴火活動での層状マグマ溜まりの形成とその進化:火山活動の長期予測へ向けて.地球惑星科学関連学会2003年合同大会.
古川竜太・中川光弘・古堅千絵・吉本充宏(2003)樽前火山Ta-c期の噴火活動.日本火山学会2003年度秋期大会.
江草匡倫・中川光弘・藤田豪平(2003)西南北海道,羊蹄火山の活動史:埋積された古羊蹄火山の発見と噴出率の時間変化.日本火山学会2003年度秋期大会.
高橋僚子・中川光弘・西村裕一・J. Kuduon(2003)パプアニューギニア,ラバウルカルデラのタブルブル火山とブルカン火山における,1994年同時噴火のマグマ供給系.日本火山学会2003年度秋期大会.
古堅千絵・中川光弘・古川竜太(2003)樽前火山噴出物のTa-c期におけるマグマ供給系の変遷.日本火山学会2003年度秋期大会.
高橋 良・中川光弘・中西 清(2003)北海道駒ヶ岳1942年噴火はマグマ水蒸気噴火だった.日本火山学会2003年度秋期大会.
Nakagawa, M., Kitagawa, J. and Furukawa, R. (2003) Sequential caldera-forming eruption from multiple magma chambers of Shikotsu caldera, Hokkaido, Japan. IUGG2003, Sapporo. Abstracts, A, 525.
Nakagawa, M., Seino, T. and Ishizuka, Y. (2003) Subduction and melting of back-arc basin beneath NE Japan arc: Evidence from adakitic rocks of latest Quaternary volcanoes in the back-arc side. IUGG2003, Sapporo, Abstracts, A, 510-511.
Amma-Miyasaka M. and Nakagawa, M. (2003) Magmatic system of caldera-forming eruptions of Miyake-jima Volcano, Izu-Mariana arc, Japan. IUGG2003, Sapporo, Abstracts, 558.
Ishizuka, Y. and Nakagawa, M. (2003) Evolution of a polygenetic volcano: Case study on Rishiri Volcano, northern Hokkaido, Japan. Time-compostional isotopic relationship of the basaltic magmas. IUGG 2003, Sapporo, Abstracts, 511.
Nakamura, Y., Matsumoto, A. and Nakagawa, M. (2003) Sequence and scenario of the 1663 eruption of Usu Volcano, Hokkaido, Japan. IUGG2003, Sapporo, Abstracts, 536.
Takagi, D., Sato, H. and Nakagawa, M. (2003) Experimental study of a low-alkali tholeiite at 1-5 kbar: Effect of H2O on Ca-Na partitioning between plagioclase and melt. IUGG2003, Sapporo, Abstracts, 513.
Takahashi, R., Yoshimoto, M. and Nakagawa, M. (2003) Repeated magma mixing and evolution of shallow magma chamber of Hokkaido-Komagatake Volcano, northern Japan. IUGG2003, Sapporo, Abstracts, 556.
Matsumoto, A. and Nakagawa, M. (2003) Re-examination of the magma plumbing system during the 1663, pre 1769 and 1769 eruptions beneath Usu Volcano, Hokkaido, Japan. IUGG2003, Sapporo, Abstracts, 557.
Nakagawa, M. and Noguchi, N. (2003) Geochemistry of cluster of submarine lava cones, Kauai-Oahu channel, Hawaii: Implications of magmatism at plume edge. 13th Annual Goldschmidt Conference. Geochim. Cosmochim. Acta, 67, Supplement, A322.
Noguchi, N. and Nakagawa, M. (2003) Geochemistry of submarine Southwest-Oahu volcano, Hawaii: New type of Hawaiian volcano? 13th Annual Goldschmidt Conference. Geochim. Cosmochim. Acta, 67, Supplement, A341.
森 済・岡田 弘(2003),有珠火山1977−1982年活動及び2000年活動に伴う地殻変動災害,地球惑星科学関連学会2003年合同大会.
鬼澤真也,大島弘光,青山 裕,森 済,前川徳光,鈴木敦生,志賀 透,筒井智樹,田中 聡,森 健彦,及川 純,松島 健,松雄のり道,宮町宏樹,山本圭吾,岡田 弘(2003),駒ケ岳火山における人工地震探査−3次元P波速度構造−,地球惑星科学関連学会2003年合同大会.
Hitoshi, Y. Mori, Fumiaki Kimata, Keigo Yamamoto, Rikio Miyajima, Tetsuo Takayama and Atsuo Suzuki (2003). Ground Deformations Associated with the 2000 Activity of Mt. Usu. IUGG2003, Sapporo. Abstracts, A, 547.
Hitoshi, Y. Mori and Atsuo Suzuki(2003), Postdoming continuous subsidence after the 2000 Activity of Mt. Usu. IUGG2003, Sapporo. Abstracts, A, 547.
Philippe G.. M. Jousset, Hiromu Okada, Hitoshi Y. Mori and Michael Diament (2003), Insights in Volcanic Processes in Subduction Related Volcanoes Revealed by the Couped Inversion of Deformation and Microgravity Data, IUGG2003, Sapporo. Abstracts, A, 549.
森 済:有珠山2000年活動後のエネルギー放出,特定領域「火山爆発のダイナミクス」平成15年度シンポジウム,東京大学,2003年3月,
林 信太郎(2003)チョコレートマグマで作るクリプトドーム、地球惑星関連合同学会、J068-005 2003年5 月27 日、幕張メッセ
林 信太郎(2003)大規模火砕流噴火をいかに教えるか?-義務教育における破局噴火教育プログラム. 日本火山学会秋季大会、2003年10月、九州大学.
林 信太郎(2003)小・中学校理科教科書・火山分野の問題点. 秋田地学教育学会2004年度大会 2003年11月29日 秋田大学
林信太郎・毛利春治・浦野 弘(2003)食材を使った火山防災教育教材の開発-特にチョコレートマグマを用いた火山性地殻変動の理解-. 日本科学教育学会平成15年度第4回研究会、2003年12月6日、宮城教育大学
吉本充宏・古川竜太・七山 太・西村裕一・仁科健二・内田康人・宝田晋治・高橋 良・木下博久(2003)海域に流入した北海道駒ヶ岳火山1640年岩屑なだれ堆積物の分布と体積推定.日本火山学会2003年秋季大会(福岡)講演要旨集,159.2003年10月12,13日
古川竜太・中川光弘・古堅千絵・吉本充宏(2003)樽前火山Ta-c期の噴火活動.日本火山学会2003年秋季大会(福岡)講演要旨集,56.2003年10月12,13日
金子 隆之・吉本 充宏・嶋野岳人・安田 敦・藤井 敏嗣・中田 節也・上杉陽(2003)富士山東斜面におけるスコリア層の層序と化学組成の時間変化.日本火山学会2003年秋季大会(福岡)講演要旨集,148.2003年10月12,13日
安田 敦・金子 隆之・吉本 充宏・嶋野岳人・藤井 敏嗣・中田 節也(2003)富士火山における掘削調査(その4):溶岩流試料の岩石学的特徴.日本火山学会2003年秋季大会(福岡)講演要旨集,149.2003年10月12,13日
吉本充宏・嶋野岳人・金子隆之・安田敦・藤井敏嗣・中田節也(2003)富士火山における掘削調査:FJ-1, FJ-2, FJ-3, FJ-4で得られた試料の概要.日本地質学会第110年学術大会講演要旨,24.2003年9月19日
金子隆之・渡辺秀文・鍵山恒臣・吉本充宏・中田節也・藤井敏嗣(2003)富士山における火山体掘削と総合的観測研究の概要.日本地質学会第110年学術大会講演要旨,24.2003年9月19日
藤井敏嗣・吉本充宏・金子隆之・中田節也・安田敦(2003)富士山宝永噴火噴出物:噴火推移と化学組成変化.日本地質学会第110年学術大会講演要旨,26.2003年9月19日
黒川 将・中田節也・吉本充宏・秋政貴子・星住英夫(2003)ボーリングコア・カッティングスから推定される雲仙火山のマグマプロセス.日本地質学会第110年学術大会講演要旨,23.2003年9月19日
高木 朗充・宇平 幸一・吉本 充宏・Itikarai Ima(2003)パプアニューギニア パゴ火山における,地震及び熱赤外観測.地球惑星科学関連学会2003年合同大会予稿集,CD-ROM,V055-005.2003年5月26-29日
吉本 充宏・中田 節也・宇平 幸一・高木 朗充・Itikarai Ima(2003)パプアニューギニアパゴ火山2002年噴火.地球惑星科学関連学会2003年合同大会予稿集,CD-ROM,V055-004.2003年5月26-29日
荒井 健一・鈴木 雄介・松田 昌之・千葉 達朗・二木 重博・小山 真人・宮地 直道・吉本 充宏・冨田 陽子・小泉 市朗・中島 幸信(2003)古代湖「せのうみ」ボーリング調査による富士山貞観噴火の推移と噴出量の再検討.地球惑星科学関連学会2003年合同大会予稿集,CD-ROM,V055-P012.2003年5月26-29日
吉本 充宏・金子 隆之・藤井 敏嗣・中田 節也(2003)富士火山における掘削調査(その3): FJ−3で得られた650mまでの試料の概要.地球惑星科学関連学会2003年合同大会予稿集,CD-ROM,V055-P013.2003年5月26-29日
鈴木 雄介・千葉 達朗・荒井 健一・藤井 紀綱・清宮 大輔・小山 真人・宮地 直道・吉本 充宏・冨田 陽子・小泉 市朗・中島 幸信(2003)航空レーザー計測結果にもとづく富士山貞観噴火の溶岩流出過程.地球惑星科学関連学会2003年合同大会予稿集,CD-ROM,V055-P015.2003年5月26-29日
中田 節也・吉本 充宏・及川 輝樹・嶋野 岳人・黒川 将・宇都 浩三・佐久間 澄夫(2003)雲仙火山火道掘削.カッティングス調査(1).地球惑星科学関連学会2003年合同大会予稿集,CD-ROM,V056-003.2003年5
中橋 徹也(2003)ゲーミングシミュレーションを用いた災害時の行政対応分析 第28回土木学会計画学研究発表会、 2003年11月27 日 豊橋科学技術大学
K. Kinoshita, Observation and Analysis of Plumes and Gas from Volcanic Islands in Japan
C. Kanagaki, A. Tupper and N. Iino
Proceedings of International Workshop on Physical Modelling of Flow and Dispersion Phenomena, 3-5 Sept. 2003, Prato, Italy, pp.78-83.
K. Kinoshita, Ground and Satellite Monitoring of Volcanic Aerosols in Visible and Infrared Bands C.Kanagaki, A. Minaka, S. Tsuchida, T. Matsui, A. Tupper, H. Yakiwara and N. Iino The CEReS International Symposium on Remote Sensing - Monitoring of Environmental Change in Asia -, Chiba, Japan, 16-17 December 2003, pp.187-196.
KINOSHITA Kisei, Sulfur dioxide concentration in volcanic island Miyakejima and satellite imagery with Koyamada, Kanagaki, Iino and Tupper 8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ATMOSPHERIC SCIENCES AND APPLICATIONS TO AIR QUALITY, p. 180 11 - 13 MARCH 2003, TSUKUBA SCIENCE CITY, JAPAN.
KINOSHITA Kisei, Ground and Satellite Observation of Eruptions and Plumes at Suwanosejima with Kanagaki, Tupper, Yakiwara and Fukuzumi IUGG 2003General Assembly, June 30 - July 11, Sapporo, Japan
木下紀正 三宅島火山ガスと帰島防災 日本火山学会講演予稿集(秋季大会), p.92 (2003.10.11-13) 浜田智志・飯野直子・金柿主税・小山田恵と共著
木下紀正 観測カメラとMODISによる離島火山の爆発噴煙 日本火山学会講演予稿集(秋季大会), p.108 (2003.10.11-13) 金柿主税・Andrew Tupper・町田晶一・山本昌史・浜田智志と共著
桜島山麓における火山ガス高濃度事象と噴煙の挙動、木下紀正・金柿 主税・後藤和彦・岩田志乃・小山田恵・日高耕一、地球惑星科学合同大会、V055-038 (2003)
自動撮影システムと衛星による南西諸島火山噴煙の観測 木下紀正・金柿主税・冨山美智隆・Andrew Tupper・松井 智彰・八木原寛・飯野直子・町田晶一・高原弘幸・福澄孝博 地球惑星科学合同大会、V055-P024 (2003)
地上多点自動観測と衛星による桜島噴煙即時監視の試み、金柿主税・木下紀正・土田理・三仲啓・Andrew Tupper・後藤和彦・八木原寛・飯野直子、地球惑星科学合同大会、V055-P023 (2003)
2002年
- 著書 -
岡田弘(2002):恵みと災害:この地球とどうつきあうのか。地理月報(二宮書店)、468、4-6.
岡田弘(2002):火山と共に生きる・・2000年有珠山噴火から学ぶ.「物語虻田町史別巻;2000年有珠山噴火・・その記録と教訓」、虻田町史編集委員会編、688p、606-622.
岡田弘、福井謙二、武田祐子(2002):報道災害でのテレビメディアの役割。週間フジテレビ批評、6、76-85.
岡田弘(2002):有珠山噴火による被災。「2000年有珠山噴火」(北海道新聞社、287p)、42-73
宇井忠英・八幡正弘・田近淳・広瀬亘・秋田藤夫・柴田智郎・中川光弘・岡田弘・勝井義雄(2002):科学の目で見る有珠山噴火。「2000年有珠山噴火」(北海道新聞社、287p)、223-276
岡田弘(2002):2000年噴火への対応。「2000年有珠山噴火」(北海道新聞社、287p)、249-264.
岡田弘(2002):有珠山とどう向き合うか。「2000年有珠山噴火」(北海道新聞社、287p)、270-273.
岡田弘(2002):有珠山2000年噴火と火山防災。自然災害科学、21-1、14-21.
野上健治、平林順一、大場武、安孫子勤、岡田弘、西村裕一、前川徳光、鈴木敦生(2002):有珠山2000年噴火における地球化学的研究・・火山灰付着水溶性成分の変動と火山活動。火山、47、325-332.
宇井忠英、池田保夫、小山真人、鎌田桂子、岡田弘、新井田清信(2002):有珠山2000年噴火で発生した火砕サージ。火山、47、333-337、2002
森俊哉、野津憲治、Hernandez, P., Salazar, J., Perez, N., Virgili, G., 下池洋一、岡田弘(2002):有珠火山山頂カルデラ内での土壌からのCO2放出量の連続測定。火山、47、339-345.
Perez,N., Hernandez,P., Castro,L., Salazar,J., Notsu,K., Mori,T., and Okada,H.,(2002):Distribution of Boron and Ammmonia in soil around Usu volcano, Japan, prior to the 2000 eruption. Bull. Volc. Soc. Japan, 47, 347-351.
鬼澤真也・大島弘光・森済・前川徳光・鈴木敦生・一柳昌義・岡田弘(2002):有珠火山地域の3次元地震波速度構造。火山、47、495-506.
岡田弘(2002):映像でみる火山噴火と減災の科学-2000年有珠山噴火からのメッセージ.日本救急医学会雑誌、11-3,476.
Jousset, P., Mori, H., and Okada, H.(2003):Elastic models for the magma intrusion associated with the 2000 eruption of Usu Volcano, Hokkaido, Japan. J. Volcanol. Geotherm. Res., (accepted)
岡田弘(2003):自然災害の軽減を求めて・・有珠山噴火からのメッセージ.「21世紀の安全を考える・・安心して暮らせる社会をめざして」(北海道大学図書刊行会、栃内香次・木村純編著、218p)、81-144.
岡田弘(2003):2000年有珠山噴火と減災への指針.広報ぼうさい、No.14、8.
岡田弘(2003):有珠山防災情報の核心・・コミュニケーションによるコミュニティ支援.火山防災情報ワークショップin桜島報告書、京都大学防災研究所、50p、13-17.
小山真人(2002)富士を知る 特集/富士山災害予測図.集英社,199p(編著).
中川光弘(2002)噴出物からみた噴火.北海道新聞社(編)2000年有珠山噴火,40-41,北海道新聞社.
- 論文 -
〔査読あり〕
宇井忠英・中川光弘・稲葉千秋・吉本充宏・総合観測班地質グループ(2002):有珠山2000年噴火の推移.火山,47, 105-117
宇井忠英・池田保夫・小山真人・鎌田桂子・岡田 弘・新井田清信(2002):有珠山2000年噴火で発生した火砕サージ.火山,47, 333-337
林 豊・小山真人(2002):宝永四年富士山噴火に先立って発生した地震の規模の推定.歴史地震,18,127-132.
角谷ひとみ・井上公夫・小山真人・冨田陽子(2002):富士山宝永噴火(1707)後の土砂災害.歴史地震,18,133-147.
宇井忠英・池田保夫・小山真人・鎌田桂子・岡田 弘・新井田清信(2002):有珠山2000年噴火で発生した火砕サージ.火山,47,333-337.
小山真人(2002):火山で生じる異常現象と近隣地域で起きる大地震の関連性―その事例とメカニズムにかんするレビュー―.地学雑誌,111,222-232.
藤井聡、竹村和久、吉川肇子 「決め方」と合意形成:社会的ジレンマにおける利己的動機の抑制にむけて 2002年7月 土木学会論文集、709,13-26頁
E. Yamamura: “Environmental Repercussive Analysis on Industrial Location of Developing Countries Arising from Model Reference Adaptive Theory”Proceedings of the 10th Symposium on Global Environment, Committee on Global Environment, Japan Society of Civil Engineers, 10:169-174(2002).
Nakagawa, M., Ishizuka, Y., Kudo, T., Yoshimoto, M., Hirose, W., Ishizaki, Y., Gouchi, N., Katsui, Y., Alexander, S., Steinberg, G.S. and Abdurakhmanov, A.I. (2002) Tyatya volcano, southwestern Kuril arc: Recent eruptive activity Inferred from widespread tephra. Island Arc., 11, 236-254.
Nakagawa, M., Wada, K. and Wood, C.P. (2002) Mixed magmas, mush chambers, and eruption triggers: evidence from zoned clinopyroxene phenocrysts in andesitic scoria from the 1995 eruptions of Ruapehu volcano, New Zealand. J. Petrol., 43, 2279-2303.
中川光弘・石塚吉浩・吉本充宏・工藤 崇・相澤幸治・北川淳一・平賀正人・松本亜希子・外狩英紀・高橋 良・石井英一・江草匡倫・清野寛子・安間-宮坂瑞穂・和田恵治・新井田清信(2002)有珠2000年噴火の噴出物:構成物とその時間変化.火山,47,279-288.
Anma-Miyasaka, M. and Nakagawa, M. (2002) Origin of anorthite and olivine megacrysts In Island-arc tholeiites: petrological study of 1940 and 1962 ejecta from Miyake-jima volcano, Izu-Mariana arc. Jour. Volcanol. Geotherm. Res., 17, 263-283.
宇井忠英・中川光弘・稲葉千秋・吉本充宏・総合観測班地質グループ(2002)有珠山2000年噴火の推移. 火山, 47, 105-118.
鬼澤真也・大島弘光・森済・前川徳光・鈴木敦生・一柳昌義・岡田弘(2002):有珠火山地域の3次元地震波速度構造。有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究。平成12年度科学研究費補助金特別研究促進費報告書(No.12800001)、北海道大学、198p、110-117.
岡崎紀俊・高橋浩晃・笠原 稔・石丸 聡・森 済・北川貞之・藤原健治・中禮正明(2002):高密度GPS観測による2000年有珠山噴火の地殻変動、火山、47、547-557.
高橋浩晃・岡崎紀俊・石丸 聡・森 済・松島 健・渡邊篤志・三浦 哲・中尾 茂・加藤輝之・木股文昭・笠原 稔(2002):2周波GPS受信機による2000年有珠山噴火前後の地殻変動観測、火山、47、161-166.
木股文昭・森 済・山本圭吾(2002):RTKGPSによる有珠山地殻変動リアルタイムモニター(2000年4月15〜30日)、火山、47、167-170
Jousset, P., Mori, H., and Okada, H., (2003):Elastic models for the magma intrusion associated with the 2000 eruption of Usu Volcano, Hokkaido, Japan. J. Volcanol. Geotherm. Res., (in printing)
林信太郎(2002):鳥海山貞観十三年(871年)噴火で溶岩流は噴出したか?-『日本三代実録』にあらわれた「二匹の大蛇」の記録に関する検討-,歴史地震、17, 171-175.
藤縄明彦,藤田浩司,高橋美保子,梅田浩司,林 信太郎(2001):栗駒火山の形成史.、火山46,269-284.
伴 雅雄・林信太郎・高岡宣雄 (2001):東北日本弧,鳥海火山のK-Ar年代―連続的に活動した3個の成層火山―.火山, 46, 317-333
藤縄明彦,林 信太郎,梅田浩司(2001):安達太良火山のK-Ar年代:安達太良火山形成史の再検討. 火山,46,95-106.
鹿野和彦・大口健志・林 信太郎・宇都浩三・檀原 徹(2002):戸賀火山:東北日本,男鹿半島西端のアルカリ流紋岩質タフリング、火山、47, 373-396.
Nakagawa, M., Ishizuka, Y., Kudo, T., Yoshimoto, M., Hirose, W., Ishizaki, Y., Gouchi, N., Katsui, Y., Alexander, S., Steinberg, G.S. and Abdurakhmanov, A.I. (2002) Tyatya volcano, southwestern Kuril arc: Recent eruptive activity Inferred from widespread tephra. Island Arc., 11, 236-254.
中川光弘・石塚吉浩・吉本充宏・工藤崇・相沢幸治・北川淳一・平賀正人・松本亜希子・外狩英紀・高橋良・石井英一・江草匡倫・清野寛子・和田恵治・新井田清信 (2002) 有珠2000年噴火の噴出物:タイプとその時間変化.火山,47,279−288.
宇井忠英・中川光弘・稲葉千秋・吉本充宏・総合観測班地質グループ (2002)有珠山2000年噴火の推移.火山,47,105-117.
宇井忠英・荒井健一・吉本充宏・吉田真理夫・和田穣隆・服部伊久男・米田弘義(2002)江戸市内に降下し保存されていた富士宝永噴火初日の火山灰.火山,47,87-93.
押谷 一 資源制約下の経済成長と環境問題、共著、2003年3月、酪農学園大学環境システム学部「環境システム学部論集 2」、pp.233-252
〔査読なし〕
岡田弘(2002):有珠山噴火予知と自然との共生。第48回全国中学校理科教育研究会北海道大会集録(全国中学校理科教育研究会、46p)、11-26.
岡田弘(2002):自然災害と地域連携-有珠山噴火からのメッセージ。地域づくりフォーラム報告書(36p)、釧路市・釧路町・北海道開発局釧路開発建設部、5-18.
辻井達一、秋田谷英次、田中宏明、笠原俊子、岸上政司、岡田弘(2002):地域づくりフォーラム;自然災害と地域の連携を考える。地域づくりフォーラム報(36p)、釧路市・釧路町・北海道開発局釧路開発建設部、19-34.
岡田弘、宇井忠英、広井脩、伊藤和明、三松三朗、山中漠、田鍋俊也(2002):2000年噴火を未来につなぐ。「壮瞥町の平成12年(2000年)有珠山噴火:火山との共生をめざして」。北海道壮瞥町役場(43p)、30-34.
岡田弘(2002):ぎりぎりのセーフ:2000年有珠山噴火と減災の科学。リテラ・ポプリ(北海道大学広報誌)、12(2002年夏季号), 4-6.
岡田弘(2002):火山とは、火山災害とは。「火山災害最前線はいま」(火山フォーラム2001in北海道駒ケ岳報告書、91p)、1-27.
伊藤和明、岡田弘、小宮学、田中淳、長崎良夫、三松三朗(2002):火山噴火予知と防災体制。「火山災害最前線はいま」(火山フォーラム2001in北海道駒ケ岳報告書、91p)、28-60.
伊藤和明、松岡俊夫、桝川健一、深山悟、岸上政司、越崎重平、中西清、岡田弘、小宮学、田中淳、長崎良夫、三松三朗、大政三男(2002):火山防災自治体会議報告。「火山災害最前線はいま」(火山フォーラム2001in北海道駒ケ岳報告書、91p)、61-91.
岡田弘(2002):火山との共生〜噴火までと噴火発生以降;最近の内外の噴火経験からのメッセージ。「2001火山砂防フォーラム記録集」(火山砂防フォーラム委員会、砂防広報センター、88p)、7-21、
岡田弘(編)(2002):有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究。平成12年度科学研究費補助金特別研究促進費報告書(No.12800001)、北海道大学、198p
岡田弘(2002):映像でみる2000年有珠山噴火。有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究。平成12年度科学研究費補助金特別研究促進費報告書(No.12800001)、北海道大学、198p、3-9.
岡田弘・大島弘光・森済・宇井忠英・新谷融・井口正人・石原和弘・笠原稔・清水洋・田中良和・中田節也・西田泰典・野津憲治・浜口博之・平林順一・山岡耕春・山岸宏光・渡辺秀文(2002):有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究の概要。有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究。平成12年度科学研究費補助金特別研究促進費報告書(No.12800001)、北海道大学、198p、10-33.
岡田弘・大島弘光・青山裕・森済・宇井忠英・勝井義雄(2002):2000年有珠山噴火の予測と減災情報・助言の活用(前兆地震発生から噴火発生まで)。有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究。平成12年度科学研究費補助金特別研究促進費報告書(No.12800001)、北海道大学、198p、34-57.
岡田弘(編・著)(2002):2000年有珠山噴火と減災に向けた長期的な取り組みについて。有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究。平成12年度科学研究費補助金特別研究促進費報告書(No.12800001)、北海道大学、198p、140-172.
岡田弘・大島弘光・宇井忠英(2002):2000年有珠山噴火の推移予測・終息判断と規制解除・・・・困難な課題にどう対処したか。有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究。平成12年度科学研究費補助金特別研究促進費報告書(No.12800001)、北海道大学、198p、173-198.
勝井義雄・岡田弘・菊谷秀吉・長崎良夫・山中漠・三松三朗・宇井忠英(2002):有珠山とともに。「2000年有珠山噴火」(北海道新聞社、287p)、5-80
宇井忠英(2002) 活火山の定義改定とランク付け.砂防と治水, 35(5), 12-14.
早川由紀夫・小山真人・佐々木達哉・山縣耕太郎・林 信太郎・市川八州夫(2002):日本全土を対象にした火山被災年代マップの作成.月刊地球,号外39,210-216.
小山真人(2002):富士山貞観噴火・宝永噴火の推移.消防科学と情報,no.70,23-28.
小山真人(2002):史料にもとづく富士山宝永噴火の推移.月刊地球,24,609-616.
小山真人・羽根優子(2002):火山としての富士山に対する住民意識(2000年11〜12月調査結果).噴火予知連会報,no.79,103-108.
小山真人(2002):2000年8月の三宅島に関する火山活動評価・情報伝達上の問題点.噴火予知連会報,no.78, 125-133.
吉川肇子 リスク認知とリスク・コミュニケーションー民主的にリスクを管理する 電気評論 2002年5月 27-31頁
吉川肇子 リスクコミュニケーション 2002年6月 土木学会誌、87,37-40頁
加藤順子、吉川肇子 遺伝子組み換え食品に対する情報ニーズの研究 2002年7月、  日本リスク研究 学会誌、 13、55-60頁
吉川肇子 リスク・コミュニケーション 2002年9月 地盤工学会誌、1-3頁
大坪寛子、山本明、吉川肇子 社会的現実としてのリスク:合理的リスク概念の限界 2002年12月、 日本リスク 研究学会誌、14,63-68頁
吉川肇子 リスクとどうつきあうのか 2002年12月、学際、7,60-64頁
B. Gultekin and E .Yamamura: “Network Analysis Application on Estimation of Housing Prices in Central Ankara, Turkey”, Papers and Proceedings of the Geographic Information Systems Association, 11: 107-111(2002).
E. Yamamura:“Model Reference Adaptive Religious Organization Theory”, International Journal of Environmental Creation, 3(1): 17-29(2002).
鬼澤真也・大島弘光・森 済・前川徳光・鈴木敦生・一柳昌義・岡田 弘(2002):有珠火山地域の3次元地震波速度構造、火山、47、495-506.
森 済(2002):樽前山北東登山道水準測量で明らかになった上下変動 (1997-2001)、月刊地球、号外39、10-13.
廣瀬 亘・岡崎紀俊・石丸 聡・志賀 透・松山輝雄・宝田晋治・吉田真理夫・吉本充宏・中川光弘(2002)北海道駒ケ岳1998年10月25日の噴火.北海道立地質研究報告,73,143-150.
宮本 毅・中川光弘・大場 司・長瀬敏郎・菅野均志・谷口宏充(2002)白頭山10世紀噴火の噴火推移.月刊地球,号外No.39,202-208.
吉本充宏(2002)北海道駒ヶ岳のハザードマップと防災活動.測量,52,7,35-39.
藤井敏嗣・吉本充宏・安田敦(2002)富士火山の次の噴火を考える−宝永噴火の位置づけ−.月刊地球,24,617−621.
藤井敏嗣・金子隆之・吉本充宏・中田節也・渡辺秀文(2002)富士火山の科学掘削と噴火予知.月刊地球,24,660−664.
廣瀬亘・岡崎紀俊・石丸聡・志賀透・松山輝雄・宝田晋治・吉田真理夫・吉本充宏・中川光弘(2002)北海道駒ケ岳1998年10月25日の噴火.北海道立地質研究報告,73,143-150.
押谷 一 日本における公害対策「日本型モデル」のシステム・ダイナミクスによる検討、単著、2002年3月、科研費報告書「日本における公害経験の開発途上国への移転可能性に関する研究」第2章、pp.22-27
押谷 一 クリーナープロダクションによる発展途上国の公害対策の可能性、単著、2002年3月、科研費報告書「日本における公害経験の開発途上国への移転可能性に関する研究」第3章、pp.28-31
押谷 一 古紙の輸出入と環境ODAの接点、単著、2002年3月、古紙再生促進センター会報28(2)
- 学会報告 -
小山真人:火山のリスク情報を防災・減災に役立てるために今何が必要か.文部科学省科学研究費特定領域研究「火山爆発」全体集会,2003年3月,東京.
小山真人:火山のリスク情報を防災・減災に役立てるために今何が必要か.文部科学省科学研究費特定領域研究「火山爆発」A05班公開シンポジウム「火山噴火の長期予測と災害軽減のための基礎科学」,2002年12月,北海道札幌市.
小山真人・中川和之:地震火山こどもサマースクール―3年間の成果と問題点(招待講演).日本地震学会2002年秋季大会,横浜,2002年11月.
小山真人・鈴木雄介・千葉達朗・西山昭仁・角谷ひとみ・井上公夫:富士山貞観噴火・宝永噴火の推移(2002年夏までの成果).第19回歴史地震研究会,2002年9月,富山県立山町.
林 豊・小山真人:宝永四年富士山噴火に先だって発生した地震の規模の推定.第19回歴史地震研究会,2002年9月,富山県立山町.
小山真人・宮地直道:富士山の噴火史研究における最近の成果.東京大学地震研究所共同利用研究集会「富士火山の活動・テクトニクス・構造解明をめざして」,2002年7月,東京.
荒牧重雄・宮地直道・小山真人・南 哲行・花岡正明・小泉市朗・安養寺信夫・布村明彦:富士山ハザードマップ作成のための地質調査--意義と成果の概要--.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
藤井敏嗣・吉本充宏・荒井健一・宮地直道・小山真人:砂沢スコリアの化学組成とその爆発的噴火への意義.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
田島靖久・千葉達朗・吉本充宏・宮地直道・小山真人・荒牧重雄・布村明彦・下山利浩・花岡正明・安養寺信夫:富士山北東麓滝沢周辺の玄武岩質火砕流堆積物.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
藤田浩司・鈴木雄介・吉野徳康・北川淳一・小山真人・宮地直道・下山利浩・安養寺信夫:富士山北斜面において剣丸尾第1,第2溶岩を流出した噴火とその堆積物.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
鈴木雄介・小山真人・宮地直道・笹原克夫・布村明彦・安養寺信夫:富士山貞観噴火の推移と噴出量.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
宮地直道・小山真人:富士山宝永噴火の噴出率の推移.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
小山真人・西山昭仁・角谷ひとみ・井上公夫・笹原克夫・安養寺信夫:史料にもとづく宝永四年(1707 年)富士山噴火の推移.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
井上公夫・角谷ひとみ・小山真人・笹原克夫・中野泰雄・花岡正明・安養寺信夫・高橋正昭・小川紀一朗:史料に基づく宝永四年(1707)富士山噴火後の土砂災害の実態.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
中禮正明・林 豊・潟山弘明・小山真人・藤井敏嗣:富士山宝永噴火マグマ貫入のモデルとシミュレーション.地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
早川由紀夫・林 信太郎・小山真人・山縣耕太郎・佐々木達哉・市川八州夫:日本全土を対象にした火山リスク評価のための被災年代マップの作成(中間報告).地球惑星関連学会2002年合同大会,東京,2002年5月.
Nakagawa, M. and Kitagawa, J. (2002) Sequential caldera-forming eruptions from multiple magma chambers of Shikotsu caldera, Hokkaido Japan. Abstract of 3rd.Biennial Workshop on Subduction Processes emphasizing the Kurile-Kamchatkan-Aleutian arcs, Fairbanks, 136.
Nakgawa, M., Hiraga, N. and Furukawa, R. (2002) Formation of a zoned magma chamber and Its evolution during historic eruptive activity of Tarumai Volcano, Japan. Abstract of 3rd.Biennial Workshop on Subduction Processes emphasizing the Kurile-Kamchatkan-Aleutian arcs, Fairbanks, 151-152.
Matsumoto, A. and Nakagawa, M. (2002) Re-examination of the magma plumbing system beneath Usu Volcano during the 1663 and 1769 eruptions. 18. Nakagawa, M. and Kitagawa, J. (2002) Sequential caldera-forming eruptions from multiple magma chambers of Shikotsu caldera, Hokkaido Japan. Abstract of 3rd.Biennial Workshop on Subduction Processes emphasizing the Kurile-Kamchatkan-Aleutian arcs, Fairbanks, 137-138.
Takahashi, R., Yoshimoto, M. and Nakagawa, M. (2002) Petrology of historic eruptions of Hokkaido-Komagatake Volcano, northern Japan. 18. Nakagawa, M. and Kitagawa, J. (2002) Sequential caldera-forming eruptions from multiple magma chambers of Shikotsu caldera, Hokkaido Japan. Abstract of 3rd.Biennial Workshop on Subduction Processes emphasizing the Kurile-Kamchatkan-Aleutian arcs, Fairbanks, 167-168.
Hasegawa, T. and Nakagawa, M. (2002) Preliminary geologic and petrologic study of the caldera-forming eruption related to Akan Caldera, east Hokkaido, Japan. 18. Nakagawa, M. and Kitagawa, J. (2002) Sequential caldera-forming eruptions from multiple magma chambers of Shikotsu caldera, Hokkaido Japan. Abstract of 3rd.Biennial Workshop on Subduction Processes emphasizing the Kurile-Kamchatkan-Aleutian arcs, Fairbanks, 169.
宮本 毅・中川光弘・広澤 勝(2002)白頭山10世紀噴火の噴火時系列と火山伝承.地球惑星科学関連学会合同大会.
松本亜希子・中川光弘(2002)有珠火山1663年噴火及び1769年噴火のマグマ供給系の再検討.地球惑星科学関連学会合同大会.
中川光弘・廣瀬 亘(2002)北海道中軸部の中期中新世火山活動とそのテクトニクス.日本地質学会第109年学術大会(新潟)講演要旨集,23.
廣瀬 亘・中川光弘(2002)北海道北東部の新第三紀火山活動の時空変化−引張応力場での島弧火山活動.日本地質学会第109年学術大会(新潟)講演要旨集,22.
高木大輔・佐藤博明・中川光弘(2002)斜長石‐メルト間Ca-Na分配平衡に与える水の効果−低アルカリソレアイトの含水溶融実験.日本火山学会2002年秋季大会(仙台)講演要旨集,76.
中川光弘・松本亜希子・田近 淳・廣瀬 亘・大津 直(2002)有珠山噴火史の再検討:寛文(1663年)と明和噴火(1769年)の間に起こった17世紀末の先明和噴火の発見.日本火山学会2002年秋季大会(仙台)講演要旨集,91.
中村有吾・松本亜希子・中川光弘(2002)テフラ層序にもとづく有珠山1663年噴火の推移.日本火山学会2002年秋季大会(仙台)講演要旨集,166.
Yoshimoto, M. (2002) Pyroclastic density current from the 1640 sector collapse of Hokkaido-Komagatake Volcano, Northern Japan. IAVCEI, Martinique, 2002.5
Takahashi, R., Yoshimoto, M. and Nakagawa, M. (2002) Petrology of historic eruptions of Hokkaido-Komagatake Volcano, northern Japan. 18. Nakagawa, M. and Kitagawa, J. (2002) Sequential caldera-forming eruptions from multiple magma chambers of Shikotsu caldera, Hokkaido Japan. Abstract of 3rd.Biennial Workshop on Subduction Processes emphasizing the Kurile-Kamchatkan-Aleutian arcs, Fairbanks, 167-168.
吉本充宏・金子隆之・藤井敏嗣・中田節也(2002)富士火山北東麓の火砕流堆積物の特徴.地球惑星関連学会2002年合同大会.
長井雅史・下司信夫・吉本充宏・中田節也・金子隆之(2002)三宅島火山2000年噴火の火口近傍堆積物.地球惑星関連学会2002年合同大会.
藤井敏嗣・吉本充宏・荒井健一・宮地直道・小山真人(2002)砂沢スコリアの化学組成とその爆発的噴火への意義.地球惑星関連学会2002年合同大会.
田島靖久・千葉達朗・吉本充宏・宮地直道・小山真人・荒牧重雄・布村明彦・下山利浩・花岡正明・安養寺信夫(2002)富士山北東麓滝沢周辺の玄武岩質火砕流堆積物.地球惑星関連学会2002年合同大会.
尾関信幸・吉田真理夫・小林淳・吉本充宏・宮地直道・花岡正明・安養寺信夫(2002)2200年前以降の富士山山頂域の火山活動.地球惑星関連学会2002年合同大会.
金子隆之・吉本充宏・藤井敏嗣・中田節也(2002)富士火山における掘削調査(その1):FJ-1, FJ-2, FJ-3掘削試料の概要.日本火山学会2002年秋季大会(仙台)講演要旨集,P23.
吉本充宏・金子隆之・安田 敦・藤井敏嗣・中田節也・上杉 陽(2002)富士火山における掘削調査(その2):FJ-4(山中湖沿岸)コアの層序.日本火山学会2002年秋季大会(仙台)講演要旨集,P24.
古川晃子・安田 敦・吉本充宏・藤井敏嗣(2002)ガラス包有物からみた富士火山1707年宝永噴火と864年貞観噴火日本火山学会2002年秋季大会(仙台)講演要旨集,P33.
2001年
- 論文 -
〔査読あり〕
Hernandez, P. A., Notsu, K., Salazar, J. M., Mori, T., Natale, G, Okada, H., Virgili, G., Shimoike, Y., Sato, M., and Perez, N. M. (2001): Carbon dioxide degassing by advective flow Usu volcano, Japan. Science, 292, 83-86.
〔査読なし〕
小山真人(2001):噴火想定からみた日本の火山ハザードマップ.月刊地球,23,811-820.
岡田弘(2001):2000年有珠山噴火の予知と減災対応、防災、112、11-19.
岡田弘(2001):火山と共に生きる;2000年噴火から学ぶ、日本林学会北海道支部論文集、49、1-7.
Since Nov.25,2003